何しても太もも痩せない人必読※太ももデブだった私がスルッと痩せた方法

下半身太りの原因

 

「太ももが痩せない…ダイエットしても太ももだけ痩せないのはなぜ?」

 

スクワット、マッサージ、ストレッチ、骨盤体操…

色々試してみたけど、太ももだけは太いまま。

 

「どうやったら細くなれるの?」

 

太ももって、ほんとに痩せませんよね。

 

私もかつては筋トレやウォーキングなど努力してみたけど変わらない。マッサージや骨盤矯正もしてみたけど、成果なし。上半身は細いのに、太ももだけはいつまでも立派なもんでした。

 

太ももが痩せない!と必死に色々試して、どれが正しい方法なのかわからなくなっているあなたへ。

 

実は太ももが痩せられない理由はとてもシンプル。

そして、太もも痩せは理由を知れば、痩せるためにやることは簡単。

 

私は1年試行錯誤して、スルッと-5センチ太ももがサイズダウンできました。

見た目からも分かりますよね。

太もも痩せの様子

 

 

この記事で私の経験をもとに太もも痩せできた方法を伝授します!

 

・太ももが痩せない諸悪の根源とは?

・太もも痩せの食事制限と筋トレ方法は?

・理想の太もも痩せの方法を取り入れるにはどうしたら良いの?

 

 

などなど、

これを読めば、何をしても変わらないあなたの頑固な太ももがスラっと痩せられるはず!

脚を見せるのが楽しくなれる美脚に生まれ変わりましょう♪

 

※かなり本気で書いてるので長くなります!!

ブックマークや目次を利用して、読みたいところだけでも読んでくださいね!

 

とにかくすぐ細くしたい人におすすめ記事!
↓↓
注目記事太もも痩せが【簡単すぎる】と話題のココナラサービスを利用してみた

 

あなたの太ももが痩せないシンプルな理由

 

太ももが痩せない原因

 

基本的に下半身は痩せにくいと言われていますが、太もも痩せができない理由はとてもシンプル。

 

あなたの太ももが痩せない理由はこの2つです。

 

1.下半身の筋力が足りていない。

2.下半身を動かしていない。

 

「え?これだけ?他に原因あるよね?」って思うかもしれませんが、結局太もも痩せしない原因はこの2つに集約されるんです。

 

言われてみれば当たり前。ダイエットの基本的なことですよね。

 

だからこそ筋力をつけて脂肪を減らすために 「毎日ストレッチやマッサージ、スクワットだってしているわ」っていう人もいると思います。

 

では、なぜ太ももは痩せないのでしょうか?

 

下半身の筋力低下が諸悪の根源

下半身の筋力低下が諸悪の根源

下半身の筋力が足りないというのも、タイプは2つあります。

 


1.太もも痩せするために筋トレや運動をしている!という方。

↓↓

太ももが脂肪燃焼するような筋力レベルまで達していない。

 

2.太ももが太くなるのが怖くて筋トレはしない…という方。

↓↓

筋力が無いことで代謝が落ちるほか、太もも痩せに期待できる改善策の効果が発揮できない。

 

あなたは太もも痩せのためにどれくらい筋トレやマッサージをしているでしょうか?

 

想像してみてください。

 

脚やせ動画を紹介してくれている美脚モデルは、1日何時間、美脚のことを考え、美脚のための習慣をしてるでしょうか?

 

厳しいですが、太もも痩ができない根本的な理由は、 下半身の筋肉量と動かしている量が足りていないからなんです。

 

上半身ばかり痩せるのは下半身(太もも)への刺激不足

 

食事制限だけしていても下半身はなかなか痩せません。

なのに上半身ばかり痩せていくのも不思議ですよね。

 

その理由もシンプル。

上半身は下半身と比べて常に刺激がある状態だからです。

 

上半身は基礎代謝の1つである内臓の働きが集約されています。心臓があって血の巡りもいいし、体温も高い。

だから上半身は痩せやすいのです。

 

一方、下半身って意識的に動かないと、圧倒的に刺激が少ないですよね。

 

デスクワークや普段から歩かない人は尚のことです。

 

体に占める下半身の大きな筋肉は使う機会が減り、楽な姿勢でいるとさらに下半身の筋力を使いません。

おまけに重力のせいで、下半身のめぐりは悪くなりやすいのです。

 

だから、太ももの筋肉を刺激してあげないと、 太ももピンポイントで痩せることは不可能なのです。

 

「でも、ちゃんと太ももが痩せるように動かしてるよ!」

 

と言いたくなる気持ちもわかりますが、現に全くサイズダウンしていないのであれば、それはサイズが変わるほどの運動量をこなしていないということです。

 

太もも太りの解決策にタイプ別は関係なし

 

「だけのら太ももが太い理由は人によってタイプが違うよね?」

 

太ももが痩せない原因と対処法をネットで調べると様々な原因があり、その改善策が書かれています。

 

例えば下記に例をあげます↓

◆ネットに書かれていた太ももが太い原因と対策

原因対策
むくみ老廃物を流すストレッチやマッサージをする
脂肪脚をコンパクトに引き締める筋肉(インナーマッスル)を鍛えて脂肪燃焼を狙う
セルライトセルライトを潰すマッサージをする
筋肉の肥大霜降り筋肉を刺激して燃焼させる有酸素運動をする、太く見えるアウターマッスルを発達させないようにインナーマッスルを鍛える
姿勢が悪い姿勢を正しく治すストレッチをする
骨盤のゆがみ骨盤のゆがみを解消するストレッチをする

 

このように丁寧に解説してくれているサイトや動画もたくさんあります。

確かに誰も正しいし有効な手段だと思います。

 

しかしですね!

 

むくみ、脂肪、セルライト、筋肉肥大、姿勢が悪い、骨盤のゆがみ…

 

すべて下半身の筋力低下が原因で起こっていることなんですよね。

 

逆にいうと、太もも痩せの方法はすべて筋肉があることが前提で効果が期待できるものなんです。

 

どういうことなのか、原因別に解説しますね。

 

下半身の筋力アップで解決できる太もも太りの解説

 

むくみ・セルライトは筋肉が解決してくれる

 

「セルライトやむくみって、筋肉と何が関係あるの?関係なくない?」

 

いいえ。

筋肉さえついていれば、セルライトを潰すマッサージ効果もすぐに現れます。

 

逆に言うと、筋肉が少なければマッサージ効果は得られにくいです。

 

たしかにマッサージなどで一時的にむくみは解消はされますが、放っておけばまた太ももはむくみ始めます。

 

セルライトはリンパの流れの悪さが原因。なぜリンパの流れが悪くなるのかというと、 筋肉を動かしていないから。

 

そもそも筋肉は動かさなければ増加しないし、少なければ筋肉の動き自体が少ないのでリンパの流れも悪くなりやすいのです。

 

筋力があれば、むくみは歩くだけで解消されます。血液のポンプとなるふくらはぎの筋肉によってリンパは流れるからです。

 

つまり、筋肉が少ないから、マッサージ効果も得られなければ、むくみも解消されない。

 

ですから、むくみやセルライトで悩んでいる人こそ、マッサージではなく、ちゃんと筋トレをするべきなんです。

 

筋肉をつけても太ももが太くなることはない

 

「脂肪燃焼のために筋肉をつけるのはわかるけど、筋肉つけると余計太く見えそうだよね?」

 

運動すると脚が太くなるのが心配だという人もいますよね。

 

たしかに下半身を鍛えたら、さらに太く見えてしまったと嘆く方はいます。

 

その原因は2つあります。

 

1つ目は脂肪がついたままの状態だから。

2つ目は太く見える筋肉ばかり鍛えているから。

 

あとで詳しく説明しますが、運動だけで脂肪を燃焼するには相当な努力と時間がかかります。

ですから、人によっては太ももを鍛えると同時に脂肪燃焼を狙って食事制限と有酸素運動は必要です。

 

しかし、太くなることを気にして筋肉をつけない方が、太ももさらに太くさせる原因につながります。

 

ご存知の方も多いと思いますが、 基礎代謝は筋肉増加と比例して増えるんです。

(基礎代謝とは何もせずとも消費する必要最低限のエネルギー量です。)

 

筋肉は 体温維持の役割も担っていますから、脂肪燃焼したい部分に筋肉をつけることで、しっかりと体温上昇して、効率よく周辺の脂肪が燃えていくわけです。

 

脚が太くなることを心配して筋肉をつけないという人は、太もも痩せのためにいくらストレッチやマッサージをしても効果は長続きしません。

 

その時々しか効果は得られないので、細くなった太ももをキープできない。

脂肪は燃焼できず、下半身がいつも冷えています。

 

結果的に、脂肪とセルライトがブクブクと太ももについてしまうわけです。

 

だから、筋力の少ない女性こそ、筋肉で太くなるなんて心配せず筋トレをして筋肉をつけてください!

 

見た目の綺麗さだけでなく、冷え性からくる様々な症状も軽減できますよ。

 

姿勢の悪さ・骨盤の歪みに良いのはヨガやストレッチではない

 

姿勢の悪さや骨盤のゆがみは、 姿勢を維持する筋肉が衰えることで起こります。

 

そもそも筋肉がなければ、骨盤体操しても、ヨガをして歪みを整えても、良い状態をキープすることができません。

だから、いつまでも太いまま。

 

筋肉とは俗語で、本来は骨格筋と呼ばれます。

つまり、姿勢(骨格)を正しく保つ役割を持っているのが筋肉です。

 

例えば脚が太く見える原因の1つにO脚がありますが、O脚は内転筋と外旋筋群という、脚を閉じてまっすぐにたもつ役割の筋肉かま衰えることが原因。

その結果、楽に使える無駄な筋肉ばかり発達して筋肉太りも併発。脚がどんどん開いてO脚になってしまうのです。

 

ですから、正しい姿勢を保ち、細く見せる太ももを作るためにも、やはり筋肉は必要なのです。

 

筋肉太りは鍛える筋肉を変えることで解消する

 

「じゃあ筋肉太りってなんなのさ!使ってないのにいつまでもこびりついてるよ!」

って思うかもしれませんよね。

 

結論としては、細く見える太ももの筋肉を使うようになれば、筋肉太りして見える筋肉は使われなくなるので目立たなくなります。

 

そもそも筋肉太りって、基本的に昔はスポーツをやっていて今はやめてしまった人が悩むことが多いですよね。

 

スポーツ時代の筋肉は使っていないと思われるかもしれませんが、その当時の歩き方や姿勢が癖になっています。

 

だから、今でも太く目立つ筋肉を習慣的に使ってしまっているのです。

 

さらに現在はスポーツをやめてしまっているわけですから、その周辺には脂肪もたまります。

 

ですから、筋肉太りの場合は、 正しいフォームで細く見せられる筋肉を鍛え、習慣的に使えるようにします。

 

すると自然と脂肪も無駄な筋肉も削ぎ落とされ、綺麗な脚のラインが見えてくるのです。

 

筋肉は常に使わないと衰えていく

 

筋肉は毎日使って刺激しないと、どんどん衰えていきます。

 

例えば途中で筋トレや運動をやめてしまったらどうなるのか。

ただでさえ下半身は使われることが少ない筋肉です。筋肉の維持はされずにまた元に戻ります。

 

筋肉が増えるということはエネルギー消費量が増えるんです。

 

つまり、

筋力維持のためにより多くエネルギー(食べ物)が必要になる。

 

これって生命の維持から考えると、必要ない筋肉からのエネルギー消費は無いほうがいいわけです。

何故ならエネルギー消費をするということは、それだけエネルギーを消耗しなければならないからです。

 

だから、必要ない筋肉は衰えていくようになっているのです。

 

あなたが参考にしている筋トレやマッサージには、1日5分!とか、速攻脚痩せって書いていたかもしれません。

 

たしかに動画や書籍は間違っていないと思います。

 

しかし、その本人は絶対にそれ以上の運動をしているはず。

そしてそれが習慣になり、体にとっては必要な筋肉となっています。

 

そらと比べ、一般人である私たちが同じように真似てマッサージ、ストレッチ、筋トレ、ウォーキング・・・、色んな事を試しても太もも痩せができない。

 

それはやっぱり、 「根本的に筋肉が足りず、習慣的に体を動かす機会が足りない」からです。

 

普段あなたが運動する習慣がないのであれば、もっともっと脚に意識を向けて筋トレの量を増やしていく必要があるというわけです。

 

逆にいうとちゃんと筋力が向上すれば、むくみは解消され、脂肪は燃焼しやすくなり、体が温まるのであらゆる不調からも解放されます。

 

太ももに常に刺激を与えていれば、太ももを中心に燃焼されていくので、見る見るうちに痩せていくんです!

 

筋力が低下招くそれぞれの原因まとめ

 

◆筋力低下が招く太もも太り・痩せない原因と解決策

原因症状
むくみ

セルライト

筋肉によって本来循環するリンパが滞り、特に動かす機会がない太ももに老廃物がたまる

筋力がつくと、ポンプの役割となる循環がスムーズになり、むくみやセルライトが改善に向かう

脂肪太もも周辺に筋肉がつかず、燃焼されないので脂肪がたまる

筋肉が鍛えられると、筋肉に熱量が増えるので燃焼されやすい

筋肉の肥大必要な筋肉が衰えると、それを補強するために太く見える筋肉(デブ筋)が使われ発達してしまう

引き締まって見える正しい筋肉をきたえると、自然とデブ筋が使われなくなり、細くなる

姿勢が悪い

骨盤が歪む

姿勢を正しく保つ役割を持つ筋肉が衰えることで、骨盤はゆがんだり開きっぱなしになったりする。

正しい姿勢で筋力がつけば、ゆがみはなくなる

 

太ももに何も変化が起きないならば、太ももを鍛える筋トレをして、とにかく脚を動かしてください。

 

そうすれば、あなたの太もも太りの原因に効く方法で効果がぐんと現れて、理想の脚に近づけるはずです!

 

 

太もも痩せするならどんな方法が効果的?

 

それでは太もも痩せの具体的な方法に入りましょう!

 

太もも痩せで効果的な方法は以下の通りです。

 

1.太ももに効く筋トレ
2.太ももを脂肪燃焼をする有酸素運動
3.必要な人は食事制限

 

この3つを意識することで、太ももが劇的に変わっていきます。

 

食事制限と有酸素運動は体脂肪を落とすために。

筋トレはもちろん、太ももが細く見える筋肉を鍛え、刺激を与えるため。

 

ちなみに、太もも痩せに食事制限が必要なのはBMIが25以上の方です。

 

ただし、BMIが25以下の痩せ型でも、脂肪30%以上の方は隠れ肥満と判断できます。

この方は、食事制限ではなく食事の取り方に気をつける必要があります。

 

ちなみにBMIはこちらのサイトで計算できますよ。

BMIと適正体重
体重と身長の関係から肥満度を示す体格指数(BMI)と適正体重を計算します。

 

体脂肪率は体重計で計測できる方は目安で測っておきましょう!

 

それでは、それぞれの太もも痩せに有効な方法を解説します!

 

①太もも痩せに有効な筋トレ

 

「太もも痩せにはスクワットだよね!ヒップアップ効果もあるし一石二鳥!」

 

そう信じて毎日のようにスクワットをしている方もいると思います。

たしかに一般的には太ももやヒップアップにはスクワットが良いとされていますよね。

 

しかし、スクワットをすると余計に足が太くなる人がいます。

 

それは、太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)が発達して太く見えてしまっている人です。

 

スクワットは鍛えると余計に太くなる人がいる!

 

スクワットはとても万能な筋トレで、同時に3つの部位を鍛えることができます。

 

・太ももの前側の大腿四頭筋
・太ももの裏側のハムストリング
・お尻にある大臀筋

引用: https://toremo.jp/archives/307#i


出典:http://livedoor.blogimg.jp/hironobu_sano/imgs/5/b/5bcebbbd.jpg

 

下半身の広い部分を鍛えることができるので、そもそも全体的な筋力が少ない人が行うと、基礎代謝アップの効果が高いのも事実。

 

しかし、スクワットを頑張る前に本当に太もも痩せに有効かどうか一度鏡で自分の姿を見てみてください。

 

太ももの前側が発達してしまった様子

スクワットをすると、余計に太く見える脚

 

上の画像のように、横から見て太ももの前側が突き出ている方は、太く見える筋肉(大腿四頭筋)が発達している証拠です。

 

このように前側が発達する人は以下のことに心当たりがあるはずです。

 

・普段から前かがみで歩いている

・姿勢が悪い

・猫背

 

もしくは、部活などで前側が発達してしまう人もいますね。

 

当てはまる人は、これ以上スクワットを頑張ると、さらに発達して太く見えてしまいます…。

 

スクワット自体は筋力アップに有効ですが、ゴールは太ももが細く見えることですよね?

 

ですから、自分の脚をよく見てスクワットをするかどうか判断してください。

 

では、どこの部位を鍛える筋トレが有効なのかというと、これです↓

 

 

太もも痩せする筋肉はハムストリング!

 

太もも痩せしたければ、

太ももの裏側にある「ハムストリング」を鍛えることが重要です!

 

ハムストリングとは太ももの裏側の筋肉の総称。

 

太ももが太く見える人と細く見える人の差は、太ももの前側・裏側の筋肉、どちらが鍛えられているかで変わります。

太ももの裏側のハムストリングを鍛えると、より視覚的にシャープな印象になり、足が細く見えるのです!

 

ですから、スクワットよりもハムストリングを中心にトレーニングをすれば効率的に太もも痩せに繋がるのです!

 

ハムストリングを鍛えるならヒップリフト!

 

ハムストリングはヒップリフトという筋トレで鍛えることができます。

 

ヒップリフト

太もも痩せにつながるヒップリフト

 

私は1日30回を2セットで行なっていますが、厳密に決まりはありません。

 

なぜなら筋トレで重要なのは、体が慣れてしまわないように負荷をかけることだからです。

少しずつでいいので、毎回1回ずつ増やすイメージで、週5回を目安に行います。

 

ヒップリフトは以下の動画が参考になりますよ↓

基本のヒップアップ筋トレ法 workout exercises at home to lose weight

サボらず続けていくと、脳は鍛えている筋肉が必要なものだと判断しますので、極力筋肉が分解されるのを防ぐことができます。

 

つまり、太ももが細く見える筋肉は残しつつ、体重が落ちても体脂肪率だけ落とすことができるわけです!

 

太ももの筋トレ方法をまとめると、

 

・筋力が全体的に足りない⇒スクワットとヒップリフト
・太ももの前側が太い⇒ヒップリフトだけにする

 

このように、下半身を鍛えていきましょう!

 

ヒップリフトで太ももの裏側を鍛えつつ、全体の下半身を強化する意味でスクワットを行えば、引き締まったシャープな太ももを手にすることができますよ!

 

②脂肪を落とすために有酸素運動を行う

 

有酸素運動は、筋トレもするなら毎日30分程度で十分です。

 

いろんな方法がありますが、太もも痩せに期待を裏切らないのはウォーキングでした。

 

よく言われる20分以上行うというルールは、最初の約20分は筋肉に蓄えられた糖質エネルギー(グリコーゲン)が使われるからです。

 

それから脂肪燃焼がスタートするので、20分以上行う必要があるわけです。

 

★有酸素運動は筋トレの後にすると効果的!

 

有酸素運動の前にはストレッチ程度でいいので必ず筋トレをしてください。

 

筋トレ自体に脂肪燃焼効果はありませんが、脂肪燃焼しやすくする効果はあります。

いきなり有酸素運動を始めるよりも効率的に脂肪を落とすことができますよ!

 

③BMI25または体脂肪率30%を超えるなら食事制限も並行する

 

BMIが25以上、または体脂肪率が30%前後の方は、食事制限も必要です。

残念ながら、脂肪が多くついていると筋トレだけではなかなか太ももは細く見えてきません。

 

中には食事制限はしたくない!といって、ひたすら運動で痩せようとする人がいますが、効率を考えると絶対に食事を減らす方が有効です。

 

20分のウォーキングでおよそ80キロカロリー消費できると言われていますが、おやつ1つ我慢するだけで100キロカロリーは余裕で抑えることができます。

 

ただし!間違っても食事制限だけで痩せようとはしないこと!

食事だけ減らしても都合よく太ももだけ細くなるということはありえません。筋力が衰え太もも太りの無限ループに陥ります。

 

部分痩せを狙いたいなら、筋トレをしつつ徹底的に下半身に刺激を与えることが大事です。

 

タンパク質補給で筋力低下を予防

 

有酸素運動は脂肪燃焼に欠かせませんが、同時に筋力も失ってしまいます。

ですから、食事のタンパク質は非常に大事です。

たんぱく質の量を確保しつつ、1日の消費カロリーを超えないように食事制限をします。

 

とくに、BMIが低いのに体脂肪率が30%前後の方は意識して気をつけて欲しい!

太りたくないからと言ってカロリーばかり減らして、肝心なタンパク質が足りていないことが多いです。

 

全体の摂取カロリーは抑えつつ、タンパク質はいつもより少し多めに取ります。

 

タンパク質の量は、体重1㎏に対して以下のように取り入れます。

  • 筋力維持→1g
  • 筋力アップ→1.5g

体重50kgなら50〜70g程度ですね。

たんぱく質は1度に20g程度しか体に吸収できないので、減量中は特にこまめに取り入れたいものです。

 

カロリー配分は、糖質オフと食物繊維を多く取ることを意識すると、うまく食事制限ができるようになります。

 

ちなみに1ヶ月1キロ程度の減量なら、リバウンドのリスクも最小限に抑えられますよ。

 

自分のカロリー消費量は絶対に知っておくこと

 

では、どうやってカロリー配分をしたらいいのかというお話ですが、厚生労働省が定める計算で算出し、自分が1日に消費する生活活動エネルギーを割り出すことができます。

 

が、しかし!

 

いちいち計算するのは面倒ですよね?

 

ですから、消費カロリーはダイエット関連のアプリで管理する方してしまいましょう!

 

私は万歩計もついているFINCでカロリー管理をしていますよ!

 

栄養素の取り方も提案してくれるので、無理な減量ではなく、健康的にカロリー制限をできるようになりました。

 

 

ここまでの太もも痩せメニューまとめ

 

太もも痩せの理想的なメニューとしてはこのようになります。

①太ももや下半身を中心とした筋トレ

ハムストリングを鍛えることを優先にして、ヒップリフト中心に下半身痩せの筋トレをする

 

②有酸素運動で脂肪燃焼

20分以上のウオーキングが一番効果的有酸素運動の前に筋トレで効率アップ
③食事制限で脂肪を落とす

タンパク質を中心とした食事で、摂取カロリー≦消費カロリーにする。

 

太もも痩せのための正しい筋トレを学ぶ方法

太もも痩せのための正しい腹筋を学ぶには?

 

太もも痩せにはとにかくハムストリング!

そのポイントを押さえている効果的な筋トレ動画やサービスを紹介します。

 

ただ、時間をかけられる人、お金をかけられる人、自力で行いたい人、それぞれだと思います。

 

私も結婚して出産を経て、ライフスタイルが変わるにつれていろんな方法に転換せざるを得ませんでした・・・。

 

ですから、これから紹介する太もも痩せは、いろんな方法を取り入れてきた中で効果があったものを紹介しますね!

 

太もも痩せの参考になる動画・書籍・アプリから学ぶ

 

ダイエットアプリ「FINC」

 

FINC

FINCアプリ

 

テレビCMでも流れているので、すでに持っている方もいるかもしれませんね。

 

これまでダイエットアプリはたくさん使ってきましたが、結局FINCに落ち着きました。

 

色んなダイエッターがインスタのように、太もも痩せや腹筋女子の画像など投稿しているので、かなりモチベーションアップに繋がります!

 

フォローしてコメントしあったり、どうやってダイエット成功できたのかアドバイスしてもらえたりするのも貴重ですよ!

 

あと、すごく面白いなと思ったのが、万歩計の機能がついていて、歩くたびにポイントが貯まります。

貯まったポイントはFINCのショップ内で使うことができます。

 

ダイエットには継続が大事ですから、こういった工夫がなされているところも気に入っています。

 

もちろん、太もも痩せが期待できるヒップリフトやスクワットの方法などの動画やアドバイスもありますよ♪

 

FINCのおススメポイント▼

  • 部位別(脚痩せなど)に目標設定ができる⇒脚痩せ関連情報が満載
  • カロリー管理もしてくれる⇒食事制限も楽
  • 歩くとポイントがたまり、FINCショップ内で買い物ができる⇒ウォーキングが楽しくなる

 

今ならダウンロードしてすぐに500Pもらえます!

FINC内の買い物ですぐに使えますよ。

 

>FINCアプリの詳細はこちら

 

 

 

太もも痩せが期待できる無料動画

 

まずは手始めに、という方はYouTubeですよね。

 

今までいろんな太もも痩せに関する動画を見てきましたが、その人それぞれの考え方などでもやり方が違ってくるので、なるべく1人に絞って参考にするといいですね。

 

私がおすすめしたいのは、パーソナルトレーニングを行っている美コアの動画です。

美コア / Yamaguchi Erika

地味にファンです(笑)

 

美コアなら太もも痩せのほかにも、ブライダルやカロリーを消費したいなど、色んなシーンに合わせたダイエット動画を投稿されているので、きっと自分が探し求めているダイエット動画があるはずです。

 

【超おすすめ】自宅でプロから学べるフィットネス動画

 

YouTubeは無料で見放題なのが最大の魅力ですが、欠点は素人からプロまでたくさんありすぎるので、正直ハイクオリティな動画を探すのって大変なんです。

 

1から再生するのも面倒だし、ただの商品の宣伝動画なんかもあったりして時間の無駄だ!って思うこともしばしば…。

 

だから、きちんとプロが配信している動画サービスを利用するのも一つの手です。

 

私はYouTubeではなく、「LEAN BODY」という動画配信サービスを利用しています。

LEAN BODY

LEAN BODY

 

太もも痩せができるダイエットDVDを探している方、ジムに行きたいけど時間がない方にはかなりおススメ。

 

LEAN BODY」はテレビや雑誌で有名な20名以上のフィットネストレーナーが集結した動画が視聴できるサービスです。

ちなみに先ほど紹介した美コアもあります。

 

結論から言うと、無料ではありません。

 

私も最初はYouTubeで無料で見れるし、ネットで配信される動画にお金をかけるのは気が引けました。

 

ですが、1か月無料お試しとのことでとりあえず見てみたのが始まりなのですが、正直びっくり。

 

YouTubeとのクオリティの違いにあなたも驚くはずです。

 

気になる部位別に探すこともできるし、気に入ったフィットネストレーナーを追って検索することもできます。もちろん太もも・下半身痩せ動画もあります!

 

YouTubeだと断片的な情報ばかりでなかなか正しいフォームが身に付きませんが、LEAN BODYは1からゴールまできちんとマスターできるようになっています。

 

1つのレッスンを終わったころには太ももの変化を感じるはず!

 

こちらは一例ですが、続々と新しい動画が配信されています↓もちろん何度も同じ動画を視聴することもできます。

LEAN BODY

#桃尻チャレンジ!続々と新しい動画も配信されています

 

正しいフォームやどこの部位に効くのかちゃんと解説をしてくれる、まさに自宅でできるジム!って感じですね。

 

 

※登録後お友達紹介をすると、紹介したほうもされたほうも月額1,480円が100円に!


LEAN BODYは無料ではありませんが、
お友達紹介をすると月額100円になるチャンスが13回あります。

紹介されたほうも、もちろん100円になります。

 

 

初回は1か月無料お試しからスタートするので、一度視聴してから本登録をするか判断してみてください。

登録後、1分もかからず動画視聴ができるようになります。

 

無料期間内で解約すればお金は一切かかりません。続けられないなと思ったら普通に退会できるので金銭的なリスクがないところも安心です。

(無料登録終了3日前にちゃんとお知らせがありますよ。オンライン上で解約できます)

 

LEAN BODYのおすすめポイント▼

  • プロのフィットネストレーナーの動画だけ視聴できる
  • ハイクオリティで本格的なジムのような動画で太もも痩せのフォームが学べる
  • 1つの動画をマスターしたころには、確実に太ももの変化を感じる

 

登録なしで確認できる動画もありますので詳細を確認してみてください。↓

【1か月無料お試し】LEAN BODYの動画レッスン

 

 

太もも痩せにお勧めの書籍から学ぶ

 

下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」

 

 

私にとって下半身痩せの教科書になったものです。

 

何故太ももが痩せないのだろうと悩んでいた時に読んで、気づきがとても多かった本です。

まったく筋力がない人でもできる筋トレが紹介されているので、挫折することなく続けることができました。

 

イラスト付きでフォームの解説もあるし、プログラムレッスンもあります。

 

闇雲にスクワットをして太くなってしまった人は必見ですよ。

 

ココナラのダイエットサービス

書籍を買うのと同じ感覚で、太もも痩せに精通する業界の人のサービス提供をしてくれるネットの ココナラというフリマがあるんです。

 

この前ちょっと興味が湧いたサービスがあったので利用してみました。

 

本気で太もも痩せしたいけど続かなくて悩んでいる人には是非オススメしたい内容でした。

 

興味がある方は感想レビューを見てみてください↓

ココナラの太もも痩せで評判なサービスを購入!本当に痩せそうなのか暴露
太ももが太い。 ほっそり綺麗な脚になりたい。 一度は脚やせに関する本を購入したことがあるんじゃないでしょうか? しかし、実際に購入しても実践せず終わってしまったり、自分には向いてないと投げ出し違うこともあり...

 

 

下半身痩せ専用のプライベートジムでプロから学ぶ

 

ここまではすべて自主トレですが、本当は変なクセがつく前に直接正しいフォームを教えてもらえるジムへ通うほうが断然良いです!

 

フィットネスクラブへ通える余力があるなら、是非一度、ジムに通ってください。

 

ネットや動画で動きをまねても、実際使っている筋肉が間違っていたり、その動きが何故太もも痩せできるのか理解できなかったりするんですよね。

 

自己流で間違ってしまうと、全く効果を得らないどころか、逆に太く見える筋肉を発達させてしまうこともあります。

 

動画やネットなど自分で行うのも否定しませんが、やはり直接プロに習うと成長は早いですよ!

 

今では「太もも(下半身痩せ)に特化したジム 」もありますから、一度モニターから始めてみるのもいいですね。

 

カウンセリングは無料・お試しアリのパーソナルジムはこちら↓

⇒太ももダイエットのビーコンセプト

 

 

正しいフォームを学ぶいろんな方法を紹介しましたが、一番効果的だったのは、やはりプロから学んで、正しいフォームを身につけることでした。

 

間違えた方法で筋トレを続けていても、太く見える筋肉ばかり鍛えられてしまったり、腰を痛めてしまうこともあります。

 

書籍やこの記事もそうですが、やはり読むだけで終わってしまうことがかなり多いですよね。

 

ですから、是非、この記事を読んだ後は行動してみましょう!

 

時間が取れない方はLEAN BODYなどで動画レッスンを、少しでも興味があるならジムに足を運んでみてください。

 

紹介したサービス・書籍一覧

※サービス名からページ移動ができます↓

サービス内容料金おすすめ度
FINCダイエットサポートアプリ無料(課金あり)★★★★★
YouTubeおすすめは「美コア美脚動画」無料★★★★★
LEAN BODYプロのフィットネス動画サービス月額1,480円(最安100円)
(1か月無料)
★★★★★
書籍下半身に筋肉をつけると太らない・疲れない 500円 ★★★★★
ココナラオンラインフリーマーケット登録無料・購入500円~★★★★
ビーコンセプト下半身痩せに特化したパーソナルジム分割払:8,167円〜
(無料カウンセリングアリ)
★★★★★

 

どれくらい筋トレをすれば太もも痩せできるの?

どれくらい筋トレをすれば太もも痩せできるの?

 

では、太もも痩せるためにはどのくらいの筋トレをして筋肉を付けなければいけないのでしょうか?

 

一般的に食事制限でリバウンドのリスクを最小限に抑えられるのは1か月に1キロまで。

それを考えると、筋トレと並行して効果を実感できるのは2~3か月後。

 

私の場合は1日2回のレッスンを系1時間程度、有酸素運動を30分~の時間を割いていました。

目に見えて変化を感じたのは3か月後くらいです。

 

とはいえ、あなたが目指す脚のイメージによっても期間や割くべき時間は変わります。

 

たとえば、ローラちゃんと桐谷美玲ちゃんの脚を見たことありますか?

 

ローラちゃんは筋肉の筋が見える鍛え抜かれた健康的ですらっとした脚です。

しかし、体重は意外にも49キロ。

筋力を維持するために食事もたくさん食べているだろうし、筋トレも欠かしていないはずです。

 

一方で桐谷美玲ちゃん。

あの方もすらっときれいな脚ですが、38キロしかない。

筋肉があるようというよりは、脂肪自体が少ないですよね。

 

 

ローラちゃんのように鍛え抜かれた筋の通った脚を目指すのであれば、 筋肉が足りない=筋トレが足りない

桐谷ちゃんのように細くて華奢な脚を目指すのであれば、 脂肪が多すぎ=食事制限が足りない

 

つまりですよ。

 

太もも痩せするには、目指す太ももの理想像によって鍛える筋肉量は変わり、それに伴い減らすべき脂肪の量があるというわけです。

 

太もも痩せのコツはサイズダウンにこだわりすぎないこと

 

太もも周囲のサイズにこだわりすぎず、相対的に筋肉が目立つよう引き締まって細く見せることも重要です。

 

何故なら、女性特有の体質もあり、太ももに脂肪がつきやすく、なかなか痩せないようになっているからです。

 

たとえば、今の太ももの脂肪の割合が60で筋肉が40なら、

必ずしも大きくサイズダウンしなくても、「脂肪:筋肉=45:55」でも引き締まって見えてきます。

 

私の例ですが、一度ダイエットし過ぎで160㎝で46㎏から35㎏まで痩せた経験があります。

ですが、筋肉も一緒にそぎ落とされているので、ポチャッとした印象はぬぐえませんでした。

しかも、パッと見の太ももの印象は46㎏からあまり変わりません…。リバウンドした時はもう太ももデブ。

ですから、太もものサイズダウンにこだわりすぎす、食事管理もしつつ見た目をほっそり魅せる引き締め太もも痩せがダンゼン良いです。

桐谷ちゃんとローラちゃんの間を目指すイメージで、今はトレーニングを続けていますよ!

 

現在はこれまで述べてきた方法で43キロまで体重を落とし、筋トレを行った結果、見た目から分かるくらい足痩せすることができました。

 

ですから、体質的に太もも痩せできない人なんていないんです。

筋トレをもっともっと増やし、必要な分食事制限をすれば、あなたも同じように太もも痩せができるはずです。

 

まとめ

 

とても長くなりましたが、とにかく太ももが痩せないのは筋肉が足りない・刺激が足りないことが根本的な原因だということ。

 

太もも痩せの方法はネットでいろいろ書かれていますが、結局のところタイプ別の太もも太りなんて、本当は関係ないのです。

  • 下半身に筋力が足りないことが諸悪の根源
  • 日常的に下半身への刺激が足りない
  • とにかく下半身(特にハムストリング)を鍛えれば太ももが痩せないという悩みは解決できる

 

とにかく太もも痩せしたければ、下半身を中心に筋トレをしましょう。

 

そして、本気で太もも痩せと向き合うならば、時間を確保して下半身を動かす習慣を作ってください。

 

せめて目標とする理想の脚になるまでは、です。

 

あなたもやり方、考え方さえ間違えずに続けていけば、太ももが痩せないという壁もなくなるはずです!

 

「痩せてるけど、脚は太いよね。」

 

もうそんなこと言わせない!

 

憧れの綺麗な太ももを手に入れて、もう鏡を避けたりしない、脚を隠したりしない、楽しい毎日にしましょう。

 

合わせて読みたい↓

キャビテーションは太もも痩せ可能?効果のない脚は?【未経験者向け】
全然落ちない太ももの脂肪… ぼこぼこ浮き出るセルライト… キャビテーションって、本当に太もも痩せに効果はあるのでしょうか? キャビテーションは部分痩せができると言われていますが、未経験者にとっては本当に太も...
太ももの浮腫みを解消する食べ物って?※水でも太りそうで怖い人必見
太ももがむくんでパンパン… 水を飲むだけで太りそう。 まいにち浮腫んで何をたべたら良いのかわからない…! 太ももに襲う水太り。むくみが慢性化すると、セルフケアではなかなか解消されず、見た目がもはや太ってい...

 

悲しいかな、今のEMS技術は下手な筋トレより抜群に効果がある!

レビュー記事はこちら↓

https://xn&?#8212;-4eun5dwb9d5a4a7j1181b.tokyo/

コメント