EMSでむくみは取れる?筋肉がついて太くなるという噂は本当か?

下半身太りを解消したい
スポンサーリンク

 

EMSを使用すれば「太もものむくみ」はとれるのか?

EMSはエステでもおススメされるぐらい効果的な美容アイテムの一つですが、はたしてしっかりと効果があり太もも痩せすることができるのか体験談をもとに徹底検証してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

EMSでむくみも取れる?

 

結論から言うと、EMSでむくみは取れません!

 

そもそもEMSとは筋肉に直接電気信号を伝えることによって、自分の意志では無く機械的に筋肉を動かすことができる器具です。

脳から出る電気信号を、機械で行っているわけですね。

 

一方で、むくみとは何でしょうか。

むくみの原因は様々ですが、病気以外ですと細胞間の水分が増えてしまう、リンパに老廃物がたまるといったことでむくみが生じます。つまりは、水分や老廃物が滞ってしまっているんですよね。

 

ではなぜそのようなことが起こるのかというと、

  • 塩分の取りすぎによる過剰なナトリウム
  • カリウム・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などのミネラル不足
  • 座りっぱなしや立ち仕事など

などが原因になるわけです。

 

食事を見直したりするほかに、運動やマッサージによってむくみを解消させるわけですが、EMSはあくまでも意識とは無関係に筋肉の収縮運動をしているにすぎません。

 

特に下半身はふくらはぎの筋肉が重要で、関節を動かすことでポンプのような役割をし、リンパの滞りが解消されたり、水分が移動することでむくみが解消されていきます。

 

一見筋肉を強制的に動かのでEMSでもむくみが解消されるような気がしますが、黙って筋肉が動こかされているだけでは周辺のリンパや細胞間に影響を与えることはできないわけです。

 

ただし!

EMSで筋肉をつけることで「むくみ」ができにくい体に変えることはできます。

 

EMSは筋肉を維持するための機械

 

むくみを解消する手段の一つとして、日常的に体を動かすことが一つ上げられます。

つまり、筋肉が衰えていると、リンパや水分を押しやる力が足りなくなります。

 

だから、筋肉を鍛えている人と、そうでない人と比べると、筋肉が鍛えられている人のほうがむくみが解消しやすのです。

 

つまり、EMSがむくみに役立つ場面というのは、「むくみが起こりにくくなるために」太ももやふくらはぎの筋肉を鍛えること。

 

座りっぱなしのデスクワークで毎日むくみに悩まされている方は、筋肉を鍛えておけば帰りの徒歩でむくみが解消されるというわけですよ。

 

ただ、自分で筋肉を鍛えるとなると、腕立て伏せや腹筋等の筋肉トレーニングが思いつくとは思いますが、これを女性の方が継続するとなると、かなり肉体的にきついので継続するのはキツイとかじる人も多いですよね。

その点、EMSであれば自分で筋トレをしなくても電気信号が筋肉に刺激を与えてくれるので、かんたんに継続できるという効果が期待できます。

 

つまり、むくみそのものには効果は期待できませんが、筋肉をつけることには大きくメリットがあるので、むくみで悩まされている方がEMSを使うのはアリかなと思います。

 

EMSの効果の信ぴょう性は?本当に効果はあるの?

 

EMSで筋肉が鍛えられるなんて嘘っぽいって思う人が大半ですが、ちゃんと一定の効果が認められています。

2012年のレビュー論文(1)によると、「アスリートの身体能力が高まる!」との結論が出ていて、3〜6週間の利用でジャンプ力が25%もアップしたそうです。

 

私自身は脚に使うハンドタイプのEMS器具と、いわゆる腹筋を付けるためのEMS器具を持っています。

ボニックプロ

 

スレンダートーン

 

スレンダートーンは特に製造会社のEMS技術の歴史が古く、審査が厳しいFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されるほど信頼性の高いものでもあります。

 

私はむくみ解消目的に使用したわけではありませんが、ボニックプロはキャビテーションが搭載されているので、むくみは確かに解消できます。

おまけにEMS付きなので、引き締め効果も出てきて太もものむくみも起こりにくくなっていますね。

 

ただ、エステのEMSの口コミを見ると、むくみは取れたけどその後の引き締め効果は表れなかったという方が意外と多いです。

 

そもそもEMSは筋肉に作用するものなので、元々脂肪が多めの方には効果を実感しにくいかもしれません。

 

たとえばスレンダートーンは腹筋目的で使いましたが、下っ腹の脂肪が多い方はあまり意味がないとわかりました。

 

とはいえ、そもそも私自身が当時1回の腹筋運動、1回のクランチもできない人間だったので、だいぶEMSに助けられたかなと感じます。

EMSのやりすぎで逆に太ももが太くなることは?

 

EMSは筋肉をつけて維持する機械だとお話ししましたが、特に太ももは筋肉がつくと太く見えてしまうもの。やりすぎるとむくみが取れるどころか太くなることってあるんでしょうか?

 

結論からいえば、太くなるまでやり過ぎてしまうことはありません。

 

EMSだけで筋肉肥大が起きていたら、ボディービルダーはみんな涙目です。

 

EMSの用途はたしかに筋力アップをサポートすることですが、筋トレで損傷した筋肉の血行を促し、回復を早める効果の方が高いようです。

 

EMSで筋肉が太くなる仕組みとは?

 

EMSで筋肉がつく原理は2つあります。

1つ目は、筋原線維を太くしてしまうことによって起こるものです。EMSを使用して筋肉をつけることによって筋原線維の1本1本が太くなります。

 

1本1本が太くなってくれば当然束になった筋原線維は太くなりますので結果として、EMSを使用することによって太くなってしまうということです。

 

2つ目は、筋線維が増加することによって起こります。以前の科学では筋線維の太さは変わるが数自体は産まれつき決まっているので変わらないといわれていました。

 

しかし現代の科学では運動で筋線維の増加があることが分かったのです。これはトレーニングによって増加するといわれていますが、EMSを使用して運動神経に電気信号を流すことも同じ効果が出でるので、結果として筋線維が増加してして、筋肉量が増えることになります。

 

一度ついた筋肉はしばらくはそのままの大きさを保って入られますが、使われない筋肉はいずれ衰えてまた元の大きさに戻ります。

 

とはいえ、

仕組みとして筋肉量が増えることは確かですが、エステのときだけ行うEMSで筋力アップさせることはきわめて困難です。

EMSを当てた部分の血行が良くなってマッサージ効果が得られる程度だと考えていた方がいいかもしれませんね。

 

逆にいうと、エステのEMSで足が太くなることはあり得ないので、安心してEMSを行なってくださいね。

 

キャビテーションは太もも痩せ可能?効果のない脚は?【未経験者向け】
全然落ちない太ももの脂肪… ぼこぼこ浮き出るセルライト… キャビテーションって、本当に太もも痩せに効果はあるのでしょうか? キャビテーションは部分痩せができると言われていますが、未経験者にとっては本当に太も...

コメント