EMSでむくみは取れる?筋肉がついて太くなるという噂は本当か?

EMS・キャビテーション

 

EMSを使用すれば「太もものむくみ」はとれるのか?

EMSといえば部分的なむくみ取りにも最適で、使用している方も多いのですが、はたしてしっかりと効果があり太もも痩せすることができるのか体験談をもとに徹底検証してみたいと思います。

 

EMSはエステでもおススメされるアイテムだけど太もものむくみも取れる?

結論から言えば、EMSでむくみは取れませんが、 筋肉をつけることでむくみができにくい太ももに変えることができます。

美容に敏感な方はすでに使用している方も多い、EMSですがエステでもおススメされるぐらい効果的な美容アイテムの一つです。筋肉に直接電気信号を伝えることによって、自分の意志では無く機械的に筋肉を動かすことができるのが“EMS”です。

更に気になる部分に当てることによって、部分的な筋肉を動かすことが可能になるため、二の腕や太ももを重点に使用することができます。

自分で筋肉を動かすとなると、腕立て伏せや腹筋等の筋肉トレーニングが思いつくとは思いますが、これを女性の方が継続するとなると、かなり肉体的にきついので継続するのは難しいでしょう。
その点、EMSであれば自分で筋トレをしなくても電気信号が筋肉に刺激を与えてくれるので、かんたんに継続できるという効果が期待できます。

※あくまで効果には個人差があります。

 

つまり、EMSは筋肉をつけて維持するための機械

 

「筋肉をつけるということは、太もものむくみを取るのには適してない?」

と疑問に思うかもしれませんよね。確かにEMSが直接的にむくみを取ってくれるものではありません。

 

むくみができる原因は、筋肉の衰えや日常的にあまり運動をしないことで、老廃物や水分がリンパに滞ることでできるものです。

 

つまり、EMSで太ももの筋肉を鍛えて動かすことにより、むくみが取れてくるというわけ。

 

同時にEMSの効果で太ももが引き締まるので、すらっと筋の通ったローラちゃんのようなきれいな脚になることも夢じゃありません。

EMSの効果の信ぴょう性は?本当に効果はあるの?

 

そんなメリットばかりに聞こえるEMSですが、実際に使用した方の体験談はどうなのでしょうか?もちろんエステでおススメされるぐらいの商品なので、使用して良かったとの声が数多く寄せられているのですが、その反面満足できなかった声があるのも事実です。

 

満足出来なかった方の中には、 むくみは取れたけどその後の引き締め効果は表れなかったという方が意外と多いのです。どこに問題があったのか一概にはいえませんが、使用するタイミングやケアが行き届いてないことが多く、効果が出なかったといえるでしょう。

 

EMSの効果を上げる方法はこれ

  • お風呂で体温める
  • ヨガやストレッチも取り入れる

 

やはり、EMSだけで筋肉をつけてむくみができにくい太ももにすることは難しいようです。

しかし、このような取り組みで見る見るうちに引き締まりに効果が出たみたいです。

EMSを使用してもむくみが取れただけでイマイチ引き締まりに効果が見られなかった方は是非取り入れてください。

 

EMSのやりすぎで逆に太ももが太くなることは?

 

EMSは筋肉をつけて維持する機械だとお話ししましたが、特に太ももは筋肉がつくと太く見えてしまうもの。やりすぎるとむくみが取れるどころか太くなることってあるんでしょうか?

結論からいえば、太くなるのは本当です。ただし太くなるかは人によって違ったりしますので、一概にはいえませんが、太くなる可能性は十分あります。

 

何故太くなってしまうのか?

太くなる理由としては、EMSは電気信号を筋肉に伝えることで、筋肉を活性化させて脂肪を燃焼するわけですが、普通の筋トレ同様で筋肉痛も起こるので筋肉がついていることは実感できると思います。
ただし筋肉をつけると痩せにくいということは聞いたことがあるとは思いますが、事実で本当に筋肉がついてしまうと痩せにくくなってしまいます。そのため思ったよりも引き締まるわけではなく逆に太くなってしまうことがあるという訳です。

 

EMSで筋肉がつく仕組みとは?

EMSで筋肉がついてしまって太くなる原因は2つあります。
1つ目は、筋原線維を太くしてしまうことによって起こるものです。EMSを使用して筋肉をつけることによって筋原線維の1本1本が太くなります。

1本1本が太くなってくれば当然束になった筋原線維は太くなりますので結果として、EMSを使用することによって太くなってしまうということです。

 

2つ目は、筋線維が増加することによって起こります。以前の科学では筋線維の太さは変わるが数自体は産まれつき決まっているので変わらないといわれていました。

しかし現代の科学では運動で筋線維の増加があることが分かったのです。これはトレーニングによって増加するといわれていますが、EMSを使用して運動神経に電気信号を流すことも同じ効果が出てしまうので、結果として筋線維が増加してしまうのです。

増加してしまった筋線維を少なくすることは極めて困難で、1つ目同様に一度ついてしまった筋肉を減らすにはかなりの時間が掛かります。

 

EMSは使用用途によっては筋肉量が増加してしまう

エステで使用するような状態でEMSを有効活用出来るのであれば問題はありませんが、個人的に使用するのであれば、逆に筋肉量が増加してしまうので使いすぎは避けた方が良いでしょう。それでも中には、引き締まり効果を実感している方も多くいるので、こういったデメリットがあることを理解した上で使用しましょう。

 

太もものむくみを落とすなら、家庭用EMS搭載キャビテーションがおすすめ

 

太もものむくみを取りたいのも、結果的に脚が細くなりたいためですよね。

 

それであれば、EMSとキャビテーションが一つになったボディメイク器がおすすめ。

 

痩身エステで使われる脂肪吸引の技術「キャビテーション」とで脂肪を落とし、EMSで筋肉を維持して代謝を下げないようにしてくれます。

 

つまり、太ももも引き締まり、同時にむくみや脂肪を落とす効果も期待できるんですよね。

 

EMSとキャビテーションの効果の違いはこちらで詳しく説明しています。

 

EMS搭載キャビテーションの中でも人気なのがボニックプロで太もも痩せをする方法。

太もも痩せもできたとの声があるので、実際に利用したブログなどを見て研究するのも良いですよ!

コメント