【カフェテインの口コミ】飲んだ人の反応は?残念な2つの点と効果的な飲み方※初心者向け

女性向けプロテインの活用法
スポンサーリンク

ダイエットにかなり期待ができるユニークなプロテインを見つけました。

 

プロテインとカフェインを組み合わせた「カフェテイン」です。

 

もともとカフェインはダイエット効果が高いと言われていますし、プロテインは筋肉の維持に欠かせないたんぱく質。

筋肉(代謝)を落とさずに脂肪を落とす可能性を秘めております。

 

そんなカフェインとプロテインが合体したカフェテインは

リバウンドしないダイエットや、水着が着れる引き締めボディを作るのに効果的ではないか?

 

って思いまして、実際に飲んでみることにしました。

 


公式サイトを見てもわかるように、女性が購入しやすいデザインになっています。

 

ハル鍋
ハル鍋

ホエイプロテインの広告はマッチョばかりで購入しずらいからね。

 

果たして「カフェテイン」でダイエット効果を得られるのか。

 

そして気になるのは、コーヒーと組み合わせてしまったそのお味ですね(笑)

 

そもそもプロテインって「素直に美味しい」と言えるものではないので、どんな味に仕上がっているのか個人的にかなり気になるところ。

 

この記事ではカフェテインの口コミから飲んだ人の反応や、期待できる効果を紹介します。

 

それから、カフェテインを調べていて残念だなと思った点もあったので、そちらも一応お知らせしておきます。

 

カフェテイン購入しました!

こちらの記事でレビューしています。

【暴露】カフェテインのレビュー30日間にわたり置換えダイエットしたリアルな効果を報告
コーヒーとプロテインを組み合わせた【カフェテイン】 脂肪燃焼に期待できるカフェインの効果と、三大栄養素の1つであるタンパク質(プロテイン)が同時に取れるので、代謝を落としたくない人にピッタリだと目をつけておりました。 ...
スポンサーリンク

#カフェテインの口コミから飲んだ人の反応を探ってみた

 

Twitterのハッシュタグインスタグラムのハッシュタグで「#カフェテイン」と調べてみましたが、アウトワーク女子はもちろん、ママモデルさんやダイエット目的(減量)で飲んでいる人もいるようですね。

 

普段からコーヒーを飲んでいる方も多いと思うので、習慣的に飲みやすいのも◎

 

プロテインは筋トレだけに効果のあるものではないので、体重を落としながらボディラインを引き締めたい人に良いのではないかと思います。

 

口コミを見てみた限りですが、皆が飲んでいるタイミングこんな感じ

↓↓

  • トレーニング前後に飲んでるよ
  • 冷たいコーヒーみたいだからトレーニング後もごくごく飲めるよ
  • 朝飲んでいるコーヒーにたんぱく質補給よ
  • 今まで食べていたおやつ代わりに飲みますよ

 

「体を動かすコーヒー好きにはピッタリ」だと好評意見が多かったですね。

 

カフェテインを飲んでみた味ですが、口コミの感想はこんな感じ

↓↓

  • 水で割ったら無糖コーヒー味
  • カフェテイン自体は甘くない
  • なかなか濃くて深い味わい
  • 牛乳と砂糖を入れるとカフェオレ風
  • 封を開けた時の香ばしいコーヒーが◎
  • ちょっとだけ違和感あるけど飲める
  • プロテインは甘いのばかりだから無糖で助かる
  • 最初の一口はやっぱりプロテインっぽい

 

とのこと。

 

味の評価を見る限り、人によってはちょっと違和感がある模様。

 

他ブログでは「カフェテインとは言わずにコーヒーを出して、プロテインだと気づくのか?!」みたいな企画をしていましたが、味にこだわりがない人にとっては普通のコーヒー味のようです。

 

個人的にも、加糖コーヒーや変に甘いプロテインは苦手なほうなので無糖コーヒーでタンパク質も一緒に取れるのは嬉しいところ◎

調理が面倒な朝でもパパッと飲めますね。

 

 

一応参考にした口コミを載せておきますね↓

カフェテインの味の結論

 

口コミを見る限りでは、とりあえずカフェテインがまずいという心配なさそうですね。

 

本来のプロテインって、味がほとんど無味無臭、口当たりはライトなんですよ。だから、正直美味しいものではない(笑)

 

カフェテインはある意味、逆転の発想で面白い。無理やり甘くするくらいなら苦くしてしまおうという(笑)

パッケージもオシャレだしインスタに載せたくなる気持ちもわかりますよねー。

 

カフェテインの2つの残念な点とは

カフェテインの公式サイトを見ながら2つほど念だなぁって思った点があります。

 

それは、

  • プロテインの含有量
  • カフェテインの内容量

の2点です。

 

カフェテインのプロテイン含有量が惜しい

 

カフェテインのプロテインの含有量は、1杯あたり5.39g。

 

本格的なアウトワーク女子にはちょいと足りないかなと思います。

「プロテインって太りそう」と心配していた方は安心して購入できますけど、やはりカフェテインはダイエットしたい人向けの減量用プロテインですね。

カフェテインのコスパは高め?

 

正直、ちょっと高くないかい?(笑)

150gで5,980円は驚きました。

 

ハル鍋
ハル鍋

私が初めて購入した激マズのソイプロテインは500gで980円でしたから。

 

とはいえ、これは単品価格。

定期購入すると初回は67%offの1,980円。2回目以降は33%offの3,980円。ずるい作戦ですねー。(笑)

 

個人的にこの手の定期購入は好きではないのですが、継続の縛りがないのでそこは許す。(気に入らなかったらすぐに解約できる)

 

まぁ、効果がよく分らない酵素ドリンクやダイエットサプリも5,000円以上しますからねぇ。

 

カフェインやプロテイン自体のダイエット効果は論文もたくさんあるし、期待して大ハズレなんてこともないと思うので、相対的には費用対効果はいいのかな?って感じでしょうか。

 

しかも、よくよく計算してみると1杯分332円。

スタバのコーヒー1杯分って考えたらそんなに高くないですね。

 

ちなみに定期コースで買うと132円~265円でドトールコーヒーぐらいですかね。

 

ハル鍋
ハル鍋

1袋15杯分なので、カフェテインを飲むのはトレーニングする日だけにするとか、1日置きで飲むとか工夫をするといいかもしれませんねー。

 

プロテインは1kg単位のものばかりで購入しづらいのが難点ですから、試してみる量としてはちょうど良いもしれませんね。

 

カフェテインは痩せたい人向け、お試ししたい人向けってことですね。

 

カフェテイン初回が67%offの購入ページはこちら

↓↓↓
https://jwm-ec.com/caffetein

 

※解約について不安な方はこちらの記事もどうぞ

【1分で完了】カフェテイン定期コースの解約は超簡単【ただし理由を聞かれます】
この記事ではカフェテインの定期コースの特典と解約についてまとめています。 解約の方法は非常に簡単なので、簡潔に3つの注意点をお伝えします。 1.解約は電話ですること 2.次回出荷の10日前に連絡すること ...

カフェテインに期待できるダイエット効果は?

カフェテインの売りはコーヒー由来の「カフェイン」「クロロゲン酸」と併せて、「たんぱく質」が補給できるといったところですよね。

 

メイン成分である、ホエイプロテイン、コーヒー、クロロゲン酸から期待できるダイエット効果を見てみましょう!

 

ホエイプロテイン

公式サイトでも説明されていますが、ここでもたんぱく質不足の警笛を鳴らしておきます。

 

筋肉を維持して代謝の良い体を作るには「たんぱく質」が欠かせません。

 

ダイエットで失敗する多くの方は、食事制限をしてたんぱく質が足りなくなるがゆえに、エネルギーを供給する手段として筋肉が分解されてしまうことにあるんですよね。

 

筋肉が分解されると必然的に代謝は下がりますから、食事量は変えていないのに再び体重が増えていく・・・という、なんとも代謝の悪い体が出来上がってしまうのです。

 

しかも、リバウンドして体重は元に戻っても、基礎代謝は低下したまま。食欲はさらに増してしまっている。何のために痩せたの(´;ω;`)?

 

そんな事態を避けてくれるのがたんぱく質。

 

体にとって十分なタンパク質の補給は、体脂肪を減らしながら筋力維持(代謝の維持)を実現する方法としてかなり有効。

 

トレーニングを愛してやまない女子はもちろんのこと

  • これまでリバウンドを繰り返してきた方
  • 食事だけ減らして運動する気がない女子
  • たるみが気になりだしたママたち

などにもオススメしたいのがホエイプロテインだというわけです。

 

プロテインに対する太るイメージは捨て去っていただきたいですね。

 

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸

私がカフェテインに食いついてしまった理由はコーヒーとの組み合わせです。

このセンスをとても褒めたい!!!(笑)

クロロゲン酸

クロロゲン酸ですが、こちらはダイエット効果というよりも抗酸化作用ですね。

ポリフェノールの一種でコーヒー1杯(約140cc)に約280mgのポリフェノールが含まれているようです。

ちなみに飲料の中ではトップクラス。

 

体が酸化ダメージを受けると代謝は低下してしまいますから、おのずと脂肪燃焼効率は悪くなります。ですから、抗酸化作用のあるものは取り入れておきたいものです。

 

公式サイトの説明にもある通り、食後の血糖値上昇を抑制する働きも確認されているそうです。

カフェインほどではないですが、まぁまぁダイエットに役立つのではなかろうかと思います。

 

カフェイン

一方、カフェインは個人的にもかなりダイエット効果に期待している成分の一つであります。

 

カフェインがダイエットに良いのではないかと言われる理由の一つに、実際に安静時代謝をアップさせるという研究結果がとても多いことがあげられます。

 

つまり、トレーニングしなくても一定のダイエット効果を得られる可能性が高いということ。

もちろんトレーニングと合わせた方がいいのですが、運動が苦手な人でも希望が持てますよね。

 

一例ですが、実際の成績はこんな感じ↓

 

  • 運動時の持久力がアップ(1
  • 安静時、運動時の代謝がアップ(2)
  • 女性を対象にした実験では、若い人ほど安静時代謝がアップ
  • 筋力低下した老人でもトレーニングと併せて代謝がアップ(3

 

カフェインは特に痩せ型の女性の代謝アップに貢献してくれるので、隠れ肥満や、後一歩引き締めたい女子には嬉しいアイテム。

 

ですから、プロテインとカフェインの組み合わせであるカフェテインは、最強のダイエット食品になりうるのではないかと思ったわけです。

 

カフェテインは他のプロテイン比べて栄養素的にはどうなの?

 

カフェテインは良くも悪くも減量用のプロテイン。

筋肉維持が精一杯で、正直いうと筋肉を増やしたい方には向かないんじゃないかなぁー。

 

というのも、カフェテインの成分を見ると、女性に好まれやすいテイストになっています。

 

公式サイトの比較表を見ても、低カロリー、低糖質になっていますよね。

 

うーん。やはり、たんぱく質の量で考えると、カフェテインはスムージーとプロテインの中間的な位置づけなのですね。減量向けだから仕方ないですね。

 

では、他のプロテインと比べてみるとどうなのか。

1杯あたりの栄養素を日本で一番売れているといわれるZAVASと比べてみました↓

カフェテイン

ザバスホエイ

コンビニのザバス

エネルギー35.5kcal83kcal99kcal
たんぱく質5.39g15.0g15.0g
脂質0.23g1.3g0.0g
糖質2.7g2.7g15.0g
食物繊維0.54gーーーー

※カフェテイン・ザバスホエイはどちらも水で割ったときのカロリーになります。

 

まず、コンビニで手軽に買えるザバスのミルクプロテイン。個人的にはあまりおいしいとは思えないのですがそれはいいとして、糖質量も多いのでトレーニング向けですね。

 

一方プロテインパウダーのザバスも糖質量が低めです。タンパク質も豊富なので、素直にトレーニングして筋肉を増やしたいなら、やはり王道のザバスですね。

 

ただ、ザバスはどのシリーズも全体的に人工甘味料に頼っていら点がデメリット。

人工甘味料に関しては賛否両論ですが、個人的には食欲をブーストさせるような気がして、0Kcalでもダイエット中にはよろしくないんじゃないかなーって思っています。

 

これらを考えて、脂肪燃焼をメインとして減量に活用したいなら、やはりカフェテインがおすすめですね。

 

 

カフェテインの全成分

カフェテインは余計なものを含まないと公式サイトに書かれていましたが、サラッと成分を見てみましょう。

  • 乳たんぱく…いわずもがなホエイプロテインの原料。
  • コーヒー…クロロゲンやカフェインを含むカフェテインのメイン成分
  • でんぷん分解物…その名の通り。かさ増しや飲みやすくするものですね
  • コーヒーエキス(コーヒー豆・デキストリン)…追いコーヒーですね(笑)
  • ミルクカルシウム…その名の通り。乳由来のカルシウム
  • 穀物麹抽出濃縮物…たんぱく質、炭水化物、脂質などの分解吸収に働くようですね参照
  • エラスチン…コラーゲンの繊維を結ぶ組織。飲んでも美容には意味ないと思われます。
  • 香料…まぁ、プロテインは基本無臭なので仕方ないですね。

うん、確かに香料以外は余計なものは含まれていませんねぇ。

 

ちなみにカフェインは1杯120mg。

 

ダイエットに利用するときのカフェインのおすすめ量は大体100~300mlと言われていますから、取り入れるには十分な量ですね。

 

人工甘味料とか砂糖とかも含まれていないのはやっぱり好感が持てますねぇ。

 

筋肉維持には炭水化物も重要だ!って意見もありますが、意識しなくても日常には糖質食品があふれています。

個人的にも糖質全カットはお勧めしませんが、ダイエットするなら糖質は意識して減らしておきたいものですねぇ。

 

結論としては、確かに余計なものは含まれていませんでした。タンパク質は気持ち少ないですが、カフェインは効果が期待できる量が含まれているのでいい感じだと思います。

 

カフェテインの効果的な飲み方で痩せる方法

基本的にプロテインはただのたんぱく質なので好きなように飲んでも構いません。

だけど、少しでもダイエット効果を高めたいですよね。

 

減量しながら筋肉を維持する方法として、カフェテインをどうやって取り入れたらいいのか紹介しますね。

 

「プロテイン」と「カフェイン」を効果的に取り入れる方法を当てはめるとすると、カフェテインを飲むコツは2つあります。

 

  • 朝食に取り入れる
  • 週3くらいのトレーニングに取り入れる

 

朝食に取り入れる

朝はパンとかグラノーラとかで適当に済ませている人は、朝食にカフェテインを取り入れるメリットは大きいです。

 

プロテインの食欲が抑えられらる効果により、その日一日の摂取カロリーが減少しやすくなります。(5)

 

ダイエットは食欲との戦いですから、食欲のコントロールは最重要です。

朝食にたんぱく質を増やすことのメリットは数々の研究で明らかにされており、脂肪燃焼効果、カロリー抑制効果、筋力アップの効果が確認されています。(5.

 

ただ、食欲のスイッチが入る原因は結構いろいろありまして、おなかが空いていないのに習慣的に食べてしまったり、ストレスで食べてしまう場合もあります。

なんか食べたいなぁって思ったら、一度胸に手を当てて自分の体に問いかけてみてください。

「本当に今食べたいのか?どうなんだ?口さみしいだけじゃない?」と。

 

トレーニングするときだけ取り入れる

プロテインは運動後のほうが良いって聞きますが、カフェテインに限っては運動前のほうが良いんじゃないかなぁって個人的には思いました。

 

その理由は

  • カフェインは疲れを感じさせる作用をブロックする
  • 運動前に取り入れると有酸素運動の効率がアップする

といった作用があるからです。

 

言わずもがなカフェインは覚醒効果で知られています。有酸素運動は大事だとわかっているけど続かない!面倒!って感じる人はとくに取り入れたいですね。

 

カフェインを取り入れると脳が疲労を感じる物質(アデノシン)をブロックしてくれる効果があるのではないかー?といわれているんですよ。

つまり、疲れを感じさせる作用がストップされるので、有酸素運動の持久力がはっきりと増すわけですよ。(1.)

 

さらに、摂取後の150分にわたり代謝が4~8%アップし、運動をせずとも10〜29%の体脂肪が減ったというデータもあります。

有酸素運動を取り入れると効果がより高くなる可能性はありますよね。(2)

 

カフェインの恩恵を受けるには、1kgあたり3〜6mgで平均1日100ml〜300ml。

カフェテインは1杯でおよそカフェイン120mgなので、十分効果を得られますね。

 

ただし、カフェインは諸刃の剣でして、当然ですが疲れを感じさせるのをブロックしているだけなので、運動すれば体は疲労します。

ですから運動後に飲んでしまうと、「あれ?まだ行ける?」なんて頑張りすぎてしまうのではないかと。

 

さらに毎日カフェイン飲料を飲んでいる人だと耐性ができてしまうので、ダイエット効果が薄れてしまうという弱点もあります。

 

ですから、カフェテインは毎日飲むよりも、トレーニングするとき以外はカフェイン断ちをしてしっかり休む、1日~3日おきに飲んだ方が良さげですねぇ。

 

ハル鍋
ハル鍋

あら?ってことは、カフェテインの1ヶ月15杯分って実はちょうど良いのではなかろうか(笑)

 

NGな取り入れ方

 

NGって程ではないのですが、意味ないんじゃないかなーって飲み方は

  • 一度に大量に取り入れる
  • 寝る前に飲む
  • 毎日飲む

ってところですね。

 

すでに説明しましたが、カフェインは耐性ができてしまうので、一気に飲んだり、毎日飲むのよりはトレーニングする日や1日おきと決めたほうがより効果は期待できます。

 

そもそも筋力維持であれば筋トレは週3~4回で十分なので。

 

また、カフェインの覚醒効果は眠りを妨げるので寝る前は控えましょう。

睡眠の質が悪くなると、それだけで痩せずらくなることでも知られていますから。

 

カフェテインの作り方や心配事など

カフェテインの上手な作り方

 

プロテインシェイクを作る時は、水から先に入れます。

そうすると、だまにならずに溶けやすくなりますので。

 

公式サイトでも書かれているとおり、付属のスプーン2杯(10g)で150~250mlの水、または牛乳で溶かして飲みましょう。

 

シェイカーがあればシャカシャカすればいいだけなので便利ですよ。100均で買ってきてください(笑)

 

コーヒーとはいえ、アツアツのホットで飲むのはお勧めしません。プロテインパウダーはたんぱく質なので熱で固まってしまいますから、分離して大変なことになります。(笑)

 

冷たい飲み物は代謝アップも期待できますから、それもかねて是非ともアイスコーヒーとして飲むといいですね。

 

カフェテインを飲みすぎて太る心配はない?

たとえ1日5杯飲んでしまったとしても太りません。そんなに飲めないと思いますが。

 

そもそもカフェテインのカロリーを考えてもたったの35kcalですから、めったなことではがない限り代謝量をオーバーするようなこともないので太りません。

 

むしろ、プロテインを多めに取り入れることにより減量する可能性のほうが高いと思いますけどね。

 

先ほども言いましたが、たんぱく質は食欲抑制に効果的だからダイエットの一つとして有効だよーって話ですが、お腹が空いていないのに食欲がおこる原因は様々あるので、意識して変えていく必要はあります。

 

ちなみに「筋トレしてプロテインを飲んでいたら、なんか太くなってきたよ」って話を度々聞くのですが…それは気のせいです。

よっぽど計画的に筋トレ・食事をしないとあり得ません。

 

体を大きくするにはそもそも消費カロリーよりも摂取カロリー量を大幅に増やさなければいけないので、減量中なのに太ることがあるとすれば、プロテインのせいではなくカロリー設定が間違っているのでしょう。

 

その場合は自分の代謝量を知るために、1日の消費エネルギーを計算し直したほうが良いです。

 

ハル鍋
ハル鍋

私自身、腹筋を目立たせたいと筋トレを頑張りつつ、プロテインを飲んでいますが、筋肉が発達する気配は全然ありませんから。維持はしてくれていると信じています。

 

ちなみに1~2日の体重の増減は気にしないでくださいね。水分量の変化ですから。

 

カフェテインは筋トレや運動をしないとダメ?

そんなことは全くありませんよ!プロテインは高齢者でも飲んでほしいくらい吸収効率の良いたんぱく質です。

 

減量だけが目的であっても、代謝を維持する効果が高くなりますし、むしろ痩せるという論文がたくさんあるくらいですから。

 

ただ、カフェテインの場合はたんぱく質が少なめなので、筋トレはしたほうがより筋肉維持には効果的で良いですね。

 

たんぱく質の摂取量は体重1㎏あたり1.6gを目指そう

様々な研究からたんぱく質の効果的な摂取量も明らかになっていて、平均体重1㎏あたり1.6g(または摂取カロリーの30%)を基準にたんぱく質を取ると、食欲抑制・代謝アップ・筋力維持によるダイエット効果が得られるようです。

 

ですから、カフェテインはたんぱく質が足りないなーって思うときや、食欲が無いときなんかの補助として、日常の食事からも意識してたんぱく質を取り入れましょうねー。

 

カフェテインは食事の補助。たんぱく質は体重1kgあたり1.6gを目指そう。

 

カフェテインが安く買えるのは公式サイト

 

カフェテインはネット販売商品なので、ドラックストアでは購入できないようです。

Amazonと楽天もチェックしてみましたが、現在のところ楽天では確認できませんでした。

 

ポイント目的であればAmazonでも悪くないですが、公式サイトの定期コースが最安値になりますね。

 

店舗
価格5,980円(税込み6,458円)6,458円(税込み)
初回67%オフの1,980円(税抜)ーー
2回目33%オフの3,890円(税抜)ーー

 

カフェテインの購入方法

 

購入方法も単品購入と定期購入の2パターンがあります。

これ決まりなんですが、定期コースは割安でかなり優遇されております。

 

<カフェテインの定期コース特典>

コース特別価格定期コース通常コース
初回67%オフの1,980円(税抜)5,980円
2回目33%オフの3,890円ーー
送料無料800円
代引き手数料無料300円

 

ハル鍋
ハル鍋

ちなみにコンビニ後払いはどちらも300円の手数料がかかります。

 

継続回数に縛りがないので、私だったらとりあえず定期コースで購入しますかねー。

手間はありますが、安いのにはかないません。気に入らなかったらすぐに解約しますよ。

 

特別価格で購入できるカフェテインの公式サイトはこちらからどうぞ。

↓↓↓
https://jwm-ec.com/caffetein

 

 

カフェテインの解約方法

ついでに、カフェテインの解約方法を見つけたのでメモとして載せておきますね。

 

定期コースになると月に1回届くので、注文したときの発送メール日を基準に、次回発送の10日前までに以下の連絡先へ電話しましょー。

 

解約のご連絡はお電話でのみ受け付けております。
手続きの関係上、次回出荷予定日の10日前までにご連絡をお願いいたします。
0120-029-714(受付時間:平日10:00~17:00)

 

そのほか、心配な方は公式サイトの「カフェテインよくある質問」を見ておきましょー。

 

カフェテインまとめ

 

カフェテインについて調べてみましたが、以下に当てはまる方は、カフェテインを試す価値ありかなと思います↓

 

  • プロテインでダイエットを試してみたい方
  • ソイプロテインに挑戦したことがあるけど、不味くてやめた方
  • トレーニングよりも、食事管理でダイエットがしたい方
  • リバウンドを何度も繰り返している方
  • 体重は落ちたのに、体脂肪が全然落ちないと嘆いている方

 

もちろんですが、妊娠中、授乳中の方は飲むのはお控えくださいね。

あとは乳アレルギーはホエイプロテインは諦めて、ソイプロテインとか玄米プロテインとかにしましょう。

 

カフェテインの味も良さそうだし、上手に活用すれば、かなり高い確率で脂肪燃焼効果が期待できるプロテインではないかと感じました。

 

プロテインをダイエットに活用しようと目を付けたあなたは、8割ほどダイエットに成功しています(笑)

経験上、誇大広告に乗せられて酵素ドリンクやサプリに手を出してもお金の無駄になりますから。(笑)

 

結局、ダイエットとは食欲の死闘です。

 

日常にカフェイン+プロテインを取り入れて、自然と食欲が落ちる・筋肉量も維持できる・代謝もアップする⇒痩せる!といった、引き締めボディの循環を作ってくださいね。

 

 

特別価格で購入できるカフェテインの公式サイトはこちらからどうぞ。

↓↓↓
https://jwm-ec.com/caffetein

 

 



この記事の参考文献

コメント

error: Content is protected !!