公式インスタグラムはこちら

ミサワホームの注文住宅 我が家の間取りを公開!①

我が家の間取り

4人暮らしで子供が2人いる我が家の家づくりでこだわったことは、

  • 「家事効率」
  • 「開放感のあるリビング」
  • 「家族が集まるリビング」

家づくりで大事なことはたくさんありますが、どこに予算をかけるかを明確にすることも重要なポイント。家族が快適に暮らし、いかに理想の住まいづくりを実現できるかを考えた家づくりを目指していました。

 

ハコ
ハコ

主に家事効率、開放感のあるリビング、家族が集まるリビングの工夫について説明します。「こんな間取りもあるだー、こんな設備もあるんだー」って感じで、イメージしながら参考にしていただければと思います^^

 

キッチン編はこちら↓

404 NOT FOUND | ミサワホームで家づくりブログ
-haco家の記録-

1階の間取り

リビング間取り(1階)

広さは約35坪。2階建の4LDKです。地域にもよりますが4人家族が住むには丁度良いお家です。

ホールからリビングへ入ってすぐに、仕切りがない洋室が一部屋あり、キッチンは対面式です。

階段を中心としてキッチン、脱衣所、洗面所(トイレ)までつながっている回遊動線になっています。

 

ハル鍋
ハコ

我が家は1階を充実させたかったので、1階はすこし贅沢に、その代わり2階はコスト削減を徹底しています。

 

開放感のあるリビング作り

 

ハル鍋
ハル鍋

我が家のこだわり1つ目は、開放感のあるリビング!

高天井のモデルハウスを見て直感的に「この開放感…良い!」と思い、リビングは高天井にしました。

開放感を邪魔するタレ壁や高さの違いにも考慮し、ドアや窓の高さ、素材感の統一も意識しています。

リビングの横にあるスペースはあえて高天井にせず、差をつけることによってより広がりを際立たせる効果も狙っています。

家を広く見せたかったので、洋室とリビングの仕切りはあえて作りませんでした。

家事効率アップその1!回遊動線

ハル鍋
ハル鍋

我が家のこだわり2つ目は、家事効率の良い導線!

家造り 間取り

回遊動線はそれなりの広さがあればマストとも言える導線。

特に水回りの導線が短ければ家事を効率的にこなすことができます。

キッチンから脱衣所は導線を短く

キッチンと脱衣所は隣接

上の画像はキッチン側から見た様子。

キッチンと脱衣所は隣同士になっています。同時進行で家事をこなす主婦はキッチン・脱衣所の行き来がとても多くなるので、動線が短いほうが確実に楽になります。

脱衣所と洗面所(トイレ)は分離して隣同士に

脱衣所と洗面台は別ける

脱衣所と洗面所は分離させました。

洗面所やトイレはお客さんも多く使う場所。脱衣所は洗濯物も干すし、下着類も収納しているので空間を分離できる余裕があるのなら分けたほうが良いという結論になりました。

また子供が小さいうちは良いですが、やっぱりお風呂に入っている時に、洗濯物を取り込んだり畳んだりするために脱衣所に出入りされたら落ち着かないと思います。

こんな感じで、家事効率を高めるために回遊動線を考えました。

回遊動線のメリット・デメリット

  • メリット:導線が楽になり家事が捗る
  • デメリット:余計な通路ができてしまう事が多いため予算が上がる

 

ハコ
ハコ

あと良くも悪くも、子どもたちはぐーるぐる走り回ります…。

家事効率アップその2!乾太くんと脱衣収納

 

ハコ
ハコ

最近、家事効率の1つとして注目が高まっている「ファミクロ」があります。うちも取り入れたいと思っていましたが、予算の関係で断念しました…。

その代わり、うちは脱衣所にガス衣類乾燥機「乾太くん」の導入と寝具の収納チェストを置きました!

ガス衣類乾燥機&乾太くんのメリット

  • 洗濯物を干す手間がほぼなくなる!
  • 衣類の収納がすぐ目の前だから楽!
  • 生乾き・脱衣所が洗濯物だらけにならない!

この2つのおかげで家事がすごーく楽になりました!

ガス乾燥機乾太くん

乾太くんは、乾太くん専用の台を取り付け、洗濯機の上に設置しています。

ドラム式洗濯機は乾燥までに5~6時間かかりますが、乾太くんなら1時間程度で乾きます!しかも除菌にもなるし、タオルはふかふか…!

ハコ
ハコ

乾太くんの気をつける点、良し悪しはありますが、私は断然推し派。取り入れてよかった設備の1つです!

脱衣所に収納を確保

脱衣所にチェストがちゃんと置けるように、設計段階で配置を考えていました。何の収納家具にするかも事前に決めていました。(うちのはコスパのニトリ)

家族が集まるスペース(仕事&学習スペース)

これから家を作るなら考えておきたい「テレワークスペース」。私の仕事は完全に在宅なのでこのスペースは必須でした。

ホールからリビングへ入ってすぐ左にフリースペースがあり、ここでは私の仕事場兼、子どもたちの学習の場(遊ぶ場所)となっています。

最近ではリビング学習を希望する保護者が増えていますよね。我が家も低学年のうちはリビングで学習するようにするつもりで設計しました!

ハル鍋
ハル鍋

もう少し子供が大きくなったら並んで作業しながら子供はお勉強…なんてのは夢です。

造作のカウンター コンセントの穴尽き

ここにはパソコンを置くと決めていたので、初めからカウンターを造作しました。奥行きは60cmで、コンセントの線を通す穴も付けています。

 

下は可動式の棚になっていて、子どもたちのおもちゃ収納として使っています。

 

マグネットクロスで作品やお便りをペタペタ

まず壁に穴は絶対に開けたくなかったのでカウンターの前の壁面はマグネットクロスを採用。子供の絵を気軽に貼れるのも便利です。(貼りすぎるとごちゃごちゃしますが…)

プリント類もココに貼れるので、冷蔵庫にペタペタ貼る必要はなくなりました。

ハコ
ハコ

ただし、マグネットの上からクロスを貼っているので磁力は弱めです。紙一枚が限界ですが、とりあえず事は足りています。

 

テキスタイルフロアで体を使って遊べる

色んなことを兼ねているスペースなので、子どもたちが体を使って遊べるようにと、柔らかめのテキスタイルフロアにしました。

ハコ
ハコ

ミサワホームのグッドデザイン賞を受賞したタイルです

こんな感じで、家族がリビングに集まる家づくりを目指しました!

リビング収納(1階WIC)

ハル鍋
ハル鍋

実はリビング収納は、家事効率・開放感・家族が集まるリビング、すべてを叶えるポイントでもあります。

リビング収納は、仕事&学習スペースの西側にあります。中はウォークインクローゼット式になっています。

開けると、向かって右半分が可動式の棚、左半分がハンガー掛けになっています。

 

家事効率:1階にクローゼットがあると便利

夫は毎日スーツで出勤なので、クローゼットは必須でした。2階のWICは一般的ではありますが、二階で着替えるのも、毎日衣服を収納するのもやっぱり面倒。

ハル鍋
ハル鍋

そのうち1階に後付でクローゼット購入?とかなりそうだと思い、少し予算をかけて1階にもWICを作りました。夫の仕事の小物類もココに収納しています。

 

家族が集まるリビング:子供の物・おもちゃも収納

うちはカウンター下とリビング収納におもちゃを収納しています。リビングに置いておけば、自然と1階に家族が集まると思ったからです。

確かに、リビングに置くと散らかるし、2階に収納すれば用途としてメリハリは出るんですが、やっぱり2階にこもってしまうのが嫌でした。(もとい遊び相手する時に2階へあがりたくない)

なので、2階は最低限の部屋だけで、遊ぶスペースもありません。その代わり、1階の収納スペースを充実させました。

開放感:家具や生活感のある機器はリビングに置きたくない

プリンターや仕事の小物類。薬などもリビング収納へ。コンセント付きの収納にすることで、プリンターなども置くことができます。

ハコ
ハコ

中の整理整頓は別として、とりあえずほぼ全て隠すことができるので、生活感を感じさせない作りにできたなと思っています。

注文住宅の間取りまとめ

1階の間取り、我が家のこだわり「家事効率」「開放感」「家族が集まるリビング」について説明しました。

インスタなどを見ていると豪華な住宅がたくさん出てきますが、本当に大事だなと思ったのは、自分たちが何をこだわりたいか、どういう生活をしていきたいか、イメージを夫婦で共有のが非常に大事です!(もちろんお金も大事ですが…)

冒頭にも言いましたが、

軸となるテーマを決めておくと、お金をかけるところ、節約すべきところが見えてきます。

 

ハコ
ハコ

設備や間取りづくりのヒントに慣れば幸いです◎

キッチン設備、見た目のこだわりポイントなども随時アップしていこうと思います♪

 

インスタではハウスメーカー夫に聞いた話をまとめた家づくりのヒントや家づくりの記録をお届けてしています!(更新は妻)

ハコ
ハコ
家づくり検討中の方も、現在建設中の方も、
「あのクロス何色?」「サイズ教えて」など、インスタにてお気軽に質問ください!専門的なことでも、ハウスメーカーの夫に聞いて、質問にお答えします^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました