公式インスタグラムはこちら

奥行き深い収納棚3つの問題点|解決する方法は?

収納ワザ

今使っている収納棚は奥行き何センチありますか?奥行きの深い収納棚は、一見収納量が多いように思いますが、意外と使いにくい場面も多いのです。

我が家にはリビングの直ぐ側に2条くらいのWICがあります。奥行きは45cm。一般的には深すぎず浅すぎない収納棚ですが、設計当時は何を収納するかきちんと考えていなかったので、無難だと思われる45cmの奥行きでお願いしました。

奥行き深い収納棚

しかし、いざ使い始めると、リビング近くで収納したいものは「小物」や「絵本」や子供のおもちゃ類だと気づき、収納したいものに対して、この45cmの奥行きに少々使いづらさを感じています。

奥行き深い収納棚は、片付けが難しい

奥行き深い収納棚

奥行きが深い収納スペースは、収納が苦手な方にとっては難しいものです。何故なら、収納量が多い分、奥へ奥へと詰め込んでしまい、どこに何を収納したかわかりにくくなるからです。

そもそも奥行き深い収納棚は、布団やシーツ、大きめのかばんなど、かさばるものの収納に向いています。

小物や書物を収納したいとなると、手前に無駄なスペースが空いてしまいがち。空いたスペースには物を置きたくなるもので、やがて物がたくさん置いてある乱雑した棚になってしまい、奥に収納したものが取りにくくなります。

奥行き深い棚3つの問題点

奥行き深いスペースが収納を難しくさせる3つの問題点を上げてみました。

  1. 段があると全体が見渡せない
  2. 手前に無駄な空間ができやすい
  3. 奥に収納したものが忘れられがち

1.同じ長さの段が重なると全体が見渡せない

奥行き深い収納棚

行が深い棚の場合、全体を見渡してパッと物を取りたい時にとても不便でした。同じ奥行きの段があると、視界が遮られてしまいます。そもそも奥にあ

2.手前に無駄な空間ができる

奥行き深い収納棚

書類で多いA4サイズは縦にすると奥行21cm。

絵本も特殊な物以外は30~35cm以内に納まります。

取り出すことを考えると、手前にものを置くと邪魔になるので、無駄な空間ができてしまいます。

一時的にものがおけるスペースがあると便利だと感じるケースもありますが、

手前に物を置く

奥のものが取りにくい

奥に戻すのが面倒になる

という悪循環に見舞われてしまいます。

特に小さなお子様がいたり、家庭内でルールをしっかり守られていないと、一時的に置ける場所に置きっぱなしになるケースも少なく有りません。

 

3.奥に収納したものを忘れる

奥行き深い収納棚

奥にスペースがあると奥から手前かけて2段収納してしまうことが多くなります。大半は使わないものが奥にしまう事なるので、忘れたり、あるのに買い足してしまった…ってことが起きていました。

箱を引っ張り出して取り出すのって意外にめんどくさいし、それよりも戻すのが疎かになり、やがて散らかってしまいます…。

奥行き深い収納棚を活用する収納方法

使いにくいと感じた奥行き45cmの収納棚を改善するとしたら、以下の5つを実際にやってみると思います。

  1. 子の字シェルフを活用
  2. 奥行きの浅い棚を付ける
  3. 引出し収納にする
  4. サイド・隙間収納具を活用
  5. 前後で2段にするなら、オフシーズンに限る

 

コの字ラック・奥行きの浅い棚を付ける

奥行が深い場合、同じ板を増やすと視界が狭まくなってしまいます。外せる棚は外して、棚の空間を広くとります。そうすることで、ボックス収納の中身が見渡せるし、物を探しやすくなります。

高さに空間ができるので、ボックスの上に子の字ラックや奥行きの浅い棚を取り付け、収納棚を増やします。収納力もアップしますし、奥行きの浅い棚やこの字ラックは視界のじゃまにならないし、小物の収納と相性が良くて収納しやすくなります。

見栄えを気にしなければ、突っ張りシェルフも使えると思います。

引出し収納にする

奥行き深い収納棚には引出し収納

奥行きの深い棚には曳き出し収納が向いています。奥行きがあまり過ぎる本や書類なども、オフィスのデスク引出しのように収納してしまうのも一つの手かなと思います。ただし、引き出しの欠点は目線より置く場所は目線より下に置かないと使いにくいので置き場所が下段に固定されてしまうというデメリットはあります。

イベント物・シーズンオフを前後入れ替える収納にする

それでも奥行きがアリすぎて前後で2段収納をせざるを得ない場合もあります。奥に収納したものは忘れてしまうこともあるのであまり気が進みませんが、例外としてシーズンものやイベント物なら有りかなと思います。

例えば、イベント物であればクリスマスの装飾品やひな祭り・5月人形といった飾り物は、年に1回の出し入れだけなので、いつでも取りやすいところに置いておく必要はありませんよね。

シーズンオフのものは季節の変わり目で前後を入れ替えるだけで済むように分けて収納しておけば取り出す手間はありませんし、奥にしまっておいて忘れてしまうこともありません。

 

サイドにワイヤーネット・省スペース棚を活用


奥行きの深い棚のメリットとして、奥行きを生かして作業台やデスクワースのスペースとして使うことが可能です。

その場合、サイド側に100均一でよく売られているワイヤーネットや省スペース棚(隙間収納)を利用して、吊り下げ収納をする手もあります。そうすることで、作業台のような空間が出来上がります。

奥行き深い収納棚の活用法とメリット・デメリット

最後に奥行き深い収納棚の活用法と、メリット・デメリットまとめておきます。

奥行き深い収納棚のメリット

  1. かさばるものに最適(布団・シーツ・大きいかばんなど・イベント装飾品・シーズンオフのもの)
  2. 作業台として使える
  3. 収納量は増える

奥行き深い収納棚のデメリット

  1. 段があると全体が見渡せない
  2. 手前に無駄な空間ができやすい
  3. 奥に収納したものが忘れられがち

奥行き深い収納棚の活用法

  1. 子の字シェルフを活用
  2. 奥行きの浅い棚を付ける
  3. 引出し収納にする
  4. サイド・隙間収納具を活用
  5. 前後で2段にするなら、オフシーズンに限る

 まとめ

小物類やボックス収納、絵本や書類などなら、35cmくらいの奥行き棚がちょうどよいと感じました。

とはいえ、45cmって一般的には深すぎず浅すぎない距離で、柔軟にいろんなものに対応できる深さとも言えます。

だからこそ収納力が試されるのだなと痛感しました。

そもそも買う前に何を収納するのか、どれくらい収納スペースが必要なのか、予め把握しておくことが大切でした…イマイチ収納が苦手な方は「奥行」について気にかけてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました